在宅ワークでは、時間の制限がない、というメリットがあります。 仕事に時間の制限がなければ主に次のようなメリットがあります。 1、勤務時間が自由 2、勤務日が自由 3、育児に都合が良い 4、帰宅後の副業に最適 5、休職中でも可能 上記のメリットを説明していきましょう。 1、勤務時間が自由 勤務時間が自由になると、決まった時間に仕事をしなくてもいい為、 好きな時間帯に仕事が出来るようになります。 睡眠不足の時など仕事中に眠くなってしまう事がありますが、 会社では仕事中に居眠りすることはできません。 しかし在宅ワークなら眠くなってきたら、 仕事を中断し就寝し、その後、 起きてからまた仕事を続ければいいのです。 また、急に体の具合が悪くなった時や、 急用ができた時などに仕事を中断しても、 会社内とは異なり誰にも迷惑がかかりません。 2、勤務日が自由 勤務時間が自由になると勤務日も自由になります。 丸1日仕事を休む事も出来るので、 スケジュールも全て自分の都合でたてられ、 旅行なども好きな時に行けます。 3、育児に都合が良い 小さい子供がいる家庭では 子供を預けなければ会社に出勤出来ません。 近くに保育園などがあれば良いのですが 無い場合だってあります。 しかし、在宅ワークなら自宅で子供と一緒にいながら仕事が出来るので 子供を預ける問題は無くなります。 また、子供が病気の時でも1日中面倒をみてあげる事が出来ます。 4、帰宅後の副業に最適 会社の給料が安く副業で収入を得たいサラリーマンも多いようです。 会社の仕事が終わってから、時間的に可能で、 条件に合ったバイトが見つかれば良いのですが、 自分の都合に合ったバイトも、いつもあるわけではありません。 あったとしても、突然の残業などにより、バイトに行けなくなり、 バイト先に迷惑がかかる事もあります。 しかし、在宅ワークなら パソコンで出来る出来高制の仕事などを見つければ 帰宅後、好きな時間にだけ仕事をすることが出来ます。 5、休職中でも可能 突然の怪我や病気で、 会社を休まなければならなくなる場合だってあります。 休職中に有休休暇などが使えれば良いのですが 有休が無ければ休職中は収入が無くなってしまいます。 また入院でもすれば、入院費も必要になり 予期せぬ出費が多くなってしまいます。 保険に入っている方なら、 1日にいくらかの入院費の支払いがありますが、 入っていない方は今後の生活費も心配になるでしょう。 しかし、このような事態になっても、インターネット環境があり、 パソコン作業が出来る状態であれば、 たとえ病室でも、在宅ワークなら仕事をすることは可能です。